オメガ6はオメガ3との摂取バランスが大事です!

美活・健活食材

オメガ6はオメガ3との摂取バランスが大事です!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

不飽和脂肪酸である「オメガ6」

オメガ6とは?

オメガ6はオメガ3同様に体内で合成する事の出来ない脂肪酸なので、必須脂肪酸に分類されます。

脂肪酸の分類に関してはオメガ3の記事をご参照下さい。


オメガ6が含まれる代表的なオイル

オメガ6が含まれる代表的なオイルは紅花油、コーン油、ひまわり油、サラダ油、グレープシードオイル、大豆油など身近に手に出来る物ばかりです。


オメガ6の働き

オメガ3と共に細胞膜を作り、身体の機能を調整する働きがあります。
オメガ6は抗炎症に働くホルモン様物質などを作ります。
ただ摂取しすぎるとアレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める作用や悪玉コレステロールを減らすと共に善玉コレステロールも一緒に減らす効果があるために注意が必要です。

じゃあオメガ3だけ取ればいいの?と思われがちですが、オメガ6は体内で合成出来ないので必要です。

またオメガ6が不足すると皮膚状態の悪化、成長の遅れ、肝臓や腎臓におけるトラブル、感染の頻発などが起こる事が報告されています。

オメガ3とオメガ6の摂取バランス

オメガ3とオメガ6それぞれ逆の作用(拮抗作用)を起こすため、摂取にはバランスが大事になります。

  「オメガ3:オメガ6=1:4」 が理想であるといわれています。

現代の食生活では「オメガ3:オメガ6=1:10」以上になっていると言われています。

まとめ

知らないうちにオメガ6を摂取している可能性があるので、オメガ3を意識して積極的に取り入れる事で理想のバランスに近づきます。

サラダのドレッシングを市販の物から手作りでオメガ3のオイルするのも良いと思います。

現代人に花粉症やアレルギーの方が多いのもオメガ6の摂取過多が一因になっているのかもしれませんね。

次はオメガ9についてのお話です。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸